ポートレート 散歩の写真など


by miya_350z
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:テクニック( 7 )

今回の撮影会で、初めてフラッシュを焚いてみました。
レンズが暗いのに周りも暗かったりしたので(^^;;

以前からフラッシュの前にディフューザーを付けて発光のバランスを実験していて個人的な露出値を探っていたのですが・・・。
αSweetDigitalでは、P-TTL測光にしておかないと、ADI調光だとディフューザーで減光される分、暗く(アンダー)なってしまいます。
ただ、P-TTLでは個人的にオーバー目でフラットになりがちなので、-2/3の調光補正をスタンダードに設定しています。

f0036105_1832548.jpg


フラッシュによる調光はカメラメーカーによって癖があるような気がします。
しかし、難し~い(笑)
[PR]
by miya_350z | 2006-12-18 18:05 | テクニック | Comments(2)

ボケと小久保さんと

ボケでどの程度印象が変わるのか。

Jupiter-9 絞りはたぶん、「2.8」(^^;;
当然、exifをみても「F=1.0」となっているだけです。


f0036105_166536.jpg





お次は、フィルムで撮影したのもので、似た構図、被写体の大きさがあったので比較を。
NewFD135mm、これは絞り「2.0」だった気が。(暗かったので開放で撮影したような)
f0036105_1671784.jpg




背景の余分なものがゴチャゴチャしない分、やはり「オネイサン」の撮影はボケるだけボケた
ほうがいいのかもしれません(^^;;


#補足・蛇足(?)
下の写真、絞りが「2.8」だったとすると、絞りは同じ。
Jupiter-9のデジタルでの換算焦点距離(画角)は、約127mm、ほぼ135mmと同じ。
それでこれだけの差が出るとなると、やはり「APS-C」サイズではボケにくくなるのが分かります。
[PR]
by miya_350z | 2006-05-18 13:18 | テクニック | Comments(7)

光を表現してみる

光の表現・・・。
面白いネタが手元にあったので、アップしてみよう。
いつものように(苦笑)、匠さんのブログの後追い、検証記事ですが。

f0036105_168444.jpg



やはり光を強く引き立てるのには水しぶきが一番。


しかし、今回のテーマはこれだけではなかったのです。

More
[PR]
by miya_350z | 2006-05-12 18:21 | テクニック | Comments(4)

ネガ比較

明日の撮影に使用予定のフィルム。

フジは「リアラ」を、コダックは「ポートラNC(400)」を使用予定。
建物内の撮影もあるようなので、ポートラは160と迷いつつも400を選択。
どんな感じで出来上がるか、ちょっと楽しみ。

f0036105_16135120.jpg

[PR]
by miya_350z | 2006-03-11 16:16 | テクニック | Comments(0)

広角での撮影

匠さんのブログで、消失点とパンフォーカスがあったので、手持ちの写真の中から選んでみました。

松山の伊佐爾波神社の境内からの撮影です。
f0036105_1856484.jpg




この写真を撮ったときに意識していたのは、まっすぐ伸びていく参道が街の中に吸い込まれ、その先には青空が広がっているというもの。
もう少し空を大きく写したかったけど、階段の角度などの関係でここまででした。

この写真の焦点距離は17mm(35mm換算・25.5mm)、広角はこの画角が好きみたい(笑)
[PR]
by miya_350z | 2006-02-08 19:07 | テクニック | Comments(6)

逆光での撮影

【匠のデジタル工房・玄人専科】で逆光での撮影の話が出ていたので、手元にある画像から。

この画像は真逆光。ほぼ被写体の頭の向こう側に太陽がある状況。
フラッシュを焚いて日中シンクロといきたいところだが、どのような結果になるか、どのくらいの光量でいいのか、正直わからないのでそのまま撮影。

結果として、逆光の中の写真というのが強調されたようなコントラストでなかなか好きな写真に仕上がった。

f0036105_22454031.jpg



KonicaMinolta αSweetDigital
STF135mm F2.8[T4.5]
絞り優先 F4.5 1/40s マルチ分割測光 ISO100


ちょっとフォトショップでレタッチしてみましたが、レタッチの腕がないのでいじらない写真のほうがいい感じ(^^;;
f0036105_22481418.jpg
[PR]
by miya_350z | 2006-01-26 22:48 | テクニック | Comments(2)

White Balance

デジカメで撮影する際に一番気になるもの・・・、個人的にはホワイトバランス。
フィルムのときは「daylight」でよかったのに(^^;;

露出は撮った後にすぐに確認できるので楽チン。ホワイトバランスも確認できるのだけど、オートで撮影したときにちょっと外しているようだと、設定が面倒。
RAW撮りであとで自分で現像でいいのだけど、そのときのイメージ、明るさはどうだったっけ?となってしまう。
結局、見た感じが一番よさそうな色温度で仕上げてしまうのだが、果たして本当にこんな色だったのかなぁ、と。

東京写真連盟の石神井公園での撮影
f0036105_1211841.jpg


カメラ任せのAWB。

こんなに寒々してたかなぁ、ということで補正してみました。
f0036105_1223746.jpg


実際の現場で自分の見たのはどっちにより近いのだろうか。

KonicaMinolta αSweetDigital
STF135mm F2.8[T4.5]
絞り優先 F4.5 1/40s マルチ分割測光 ISO100
「モデル:阿部由香」
[PR]
by miya_350z | 2006-01-17 12:04 | テクニック | Comments(2)